Before& After症例写真・体験談・施術内容第2回
セミファイナリスト

  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3
  • CASE4
  • CASE5

後藤 華 さん(第2回セミファイナリスト)

  • Before

  • After(メイク前)

  • After(メイク後)

Dr.COMMENTS /担当:飯田医師のコメント

【目】全切開、roof(眼輪筋下脂肪)切除、下眼瞼下制を行っています。一重で目が細く、下まぶたが直線的になってつり目感が強いのが最初の印象でした。全切開、roof(眼輪筋下脂肪)切除で二重にして目の重たさをなくすとともに、下眼瞼下制で下まぶたにカーブをつけて大きな優しい目にすることで魅力的な目つきを作ることにしました。非常に厚く重たいまぶたであったため、重たさの原因と考えられる眼輪筋、瞼板前組織、眼輪筋下脂肪、眼窩脂肪をしっかりと切除しました。

【鼻】鼻プロテーゼ、鼻尖形成(3D法)、耳介軟骨移植
鼻はさほど問題はないのですが、目を際立たせるために鼻尖形成、耳介軟骨をしてすっきり感を出すようにいたしました。自然でバランスの取れた鼻先となるよう、軟骨の加工、軟部組織除去などのさじ加減を工夫しました。

重くきつい目つきでしたが、二重にしてすっきりさせたことで非常に目力がつきました。また、下眼瞼下制で下まぶたのカーブをつけたことでつり目感がなくなり、不機嫌な印象からやさしく元気な印象へと変化しました。

Dr.COMMENTS /担当:竹田医師のコメント

【ボディライン・豊胸】
体全体のバランスを拝見した際に、二の腕は細く、ウエストもくびれ、細身の方なのかな?という印象があったのですが、とにかく下半身太りが目立っている状態でした。
またお胸も非常に大きく、それゆえに20代にしてすでに垂れてしまった状態も見受けられました。そこで下半身の脂肪吸引をすることで二の腕やおなかとのバランスを整え、さらにはその吸引した皮下脂肪をお胸の垂れた部分に注入することでハリを出すことを提案いたしました。
皮下脂肪の質が硬く、脂肪吸引自体は非常に難しいものになりました。
セルライトも多く、このような方の場合は自力でダイエットしてもなかなか細くならないという傾向にあります。

実際に患者様もご自身で相当の努力はされていますが、思うように結果が出ないということに悩まれていました。今回脂肪吸引するにあたって、徹底的に!根こそぎ!皮下脂肪を吸引しておきましたので、セルライトのボコボコ感に今後悩むこともなくなり、患者様はストレスから解放されることと思います。
目立っていた下半身太りを解消し、引っ込めるところは引っ込め、その皮下脂肪をお胸に注入して出すところは出し、メリハリのあるボディを作り上げました。

STAFF COMMENTS /運営スタッフよりコメント

後藤さんは見た目のコンプレックスが強く、9歳の頃から長い引きこもり生活をしている女性でした。
参加当初から誰よりも口数が少なく、常に下を向いて、質問しても答えは単語が帰ってくる程度。人とコミュニケーションが取れずにいました。常に、一人で誰とも会話をせずに座っていました。彼女が参加すること自体、非常に勇気がいることだったと思います。
そんな彼女ですが、美容整形を行い見た目のコンプレックスが消えると、驚くほどの内面変化を見ることができました。誰とも積極的に会話せず、自分から人に話しかけられなかった彼女が、「ヒマだから遊んで」とスタッフに声をかけて来たことは、運営側にとって何よりも嬉しい出来事でした。
今では海外留学をしたいという将来の夢をしっかり語ってくれるようになり、アルバイトも始め、どんどん次のステップへ進んでいらっしゃいます。現在の彼女なら将来の夢に向けて自力で進んでいけるだろうと思うと、数年後の彼女がどんな素敵な女性になっているのか楽しみです。

下道 梨良さん(第2回セミファイナリスト)

  • Before

  • After(メイク前)

  • After(メイク後)

Dr.COMMENTS /担当:吉原医師のコメント

【目元】MD式眼瞼下垂手術+たるみ取り併用全切開二重+目頭切開+切らない目の下のたるみ取り+ヒアルロン酸注入(目の下+涙袋)
元々自然でキレイだが、やや左右差があり、目力が弱いため、お化粧映えも考え、ハッキリとした目元にしました。目の下のクマの改善も行いました。目元の印象を柔らかくするために、涙袋も形成しています。左右差がありましたので、左右を出来るだけ近づけています。元々、キレイな目なので、良さを生かしながら、より美しくなるバランスにしています。
【鼻】SBCプロテーゼ+鼻尖形成3D法
鼻筋がやや低く、鼻先が丸いため、整えるために、施術しています。不自然にならない範囲でしっかりとした効果を出しています。
【口元(歯を含む)】→ヒアルロン酸(ゴルゴ線+アゴ)+歯科(名取先生)
ゴルゴ線が目立つため、膨らませています。アゴはシャープにハッキリとさせています。重心が上になり、下膨れが改善するように意識しています。
歯科に関しては、名取先生にお願いしました。
【その他】FGF(額)+スマスセラ、ボツリヌストキシン(大腿+下腿)+ダイエットピル(ゼチーア+アカルボース)+レコーディングダイエット
どちらかというと下膨れ型のお顔なので、額にハリと丸みを出しています。スマスセラでリフトアップと、小顔効果を狙っています。全身はダイエットピルで減量し、脚の痩身目的にボツリヌストキシンを注射しています。食事管理も行いました。ダイエットピルを併用しましたが、食事コントロールが難しく、苦労しました。レコーディングダイエットで毎日の食事をチェックし食事指導もしました。

全体として、途中経過の時点でも可愛らしく幼かった印象から、大人の美しい女性へ成長したかのような印象でした。美人顔にさらに磨きがかかり、全体のバランスの良いお顔が完成しました。

Dr.COMMENTS /担当:名取歯科医師のコメント

左側切歯が内側に入っていて、隙間が空いているように見えていましたので、左側切歯を抜歯し、上顎6本でセラミック矯正での歯並びの改善をご提案いたしました。
口元を整えたことで、美しくい大人っぽい雰囲気の女性になられたと思います。

STAFF COMMENTS /運営スタッフよりコメント

下道さんは中学卒業まで韓国に住んでおり、「見た目のコンプレックスを解消する手段として美容整形が日本には普及していない事」に驚いたと参加当初にお話してくれた方でした。綺麗になることは決して悪いことではないという考えを持っており、美容整形に対して前向きな意見をくれました。彼女も見た目のコンプレックスは大きく、自信の無さからかネガティブな考え方をしてしまう癖があり、「これから良い話をするよ」と言っても全く信じてくれず下を向いて黙りこんでしまう事も。
しかし、整形に対する抵抗が少ないからこそ、性格やコンプレックス解消の手段として美容整形を選んで積極的に施術を受けてくれました。以前は人前に立つのを嫌がる子でしたが、大観衆のガールズアワードを本当に歩きたいと言ってくれるようになりました。「ネガティブ思考はもうやめます」と断言してくれ、今後の彼女が益々明るい毎日を送ってくれることを願っています。

渡辺 奏 さん(第2回セミファイナリスト)

  • Before

  • After(メイク前)

  • After(メイク後)

Dr.COMMENTS /担当:福澤医師のコメント

【鼻】鼻プロテーゼ【輪郭】オトガイ骨切り【フェイスライン】ほほあごベイザー脂肪吸引、スプリングスレッドリフト、額脂肪注入【バスト】コンデンスリッチ豊胸【その他】グラッシュビスタ(まつげ育毛剤)を行いました。
もともとの可愛らしさを残し、いかに人工的にならずに、彼女の持つ素材の良さを活かしつつ美しさを際立たせるかに苦労しました。より女性的なきれいに近づけるために、全体的に丸みをもたせ優しい印象にする施術を選びました。
整形したことがバレないような変化の仕方で、女性的な優しい印象になられたと思います。

Dr.COMMENTS /担当:今井歯科医師のコメント

上下前歯6歯づつ、セラミック歯列矯正(プレミアムダイヤモンドセラミック) ホワイトニングを行いました。美しさを最大限に引き出せたと確信しています!もともと綺麗な方でしたが、より美しくなりました。様々な施術を得意とされている福澤先生との息のあったコラボレーションができたことも自信・確信につながりました。より魅力的な人生を送っていただけるサポートができれば光栄です。
また普段用の自然で白い歯と、コンテスト用(ステージ用)のダイヤモンド付きセラミックと2パターンをご用意し、イベントなどの直前には付け替えられるようにもしました。

STAFF COMMENTS /運営スタッフよりコメント

渡辺さんは元々アイドルのような可愛らしさを持った方でした。初めてお会いした時は、どこを整形したいと思ってらっしゃるのかパッと見では分かりませんでしたが、合宿や審査などを通し、笑う時に常に口元を手で隠している様子が目立ち、水着では胸元を隠さずに歩くことができませんでした。
口元や輪郭、バストに対するコンプレックスが強いのを感じ取ることができ、他人には分からなくても一人ひとりの悩みはそれぞれである事を痛感しました。
顎周りの施術やセラミック矯正(歯科)の治療を受けてから少し時間が経つと、手で隠す事なく堂々と笑っている姿を見ることができるようになり、施術を受けてからの水着審査では堂々とウォーキングする姿も見る事ができました。今後はアイドルになりたいという夢を語ってくださり、美容整形を通して益々魅力的になられた彼女の活躍に期待するばかりです。

山田 麗 さん(第2回セミファイナリスト)

  • Before

  • After(メイク前)

  • After(メイク後)

Dr.COMMENTS /担当:竹内医師のコメント

【目】腫れぼったい印象の目でしたが、劇的には変えたくないとのことでしたので、まぶたの脂肪取りとフォーエバー二重術を行いました。目の幅を広くしすぎないことで、目ヂカラが出せたらと考えデザインしました。
【鼻】プロテーゼを挿入した方が代わり映えはしたと思いますが、ご本人から挿入したくない、自然に変えたいとの希望でしたので、鼻尖形成のみ行いました。
【豊胸】カウンセリングをしていくなかで、実は下半身を細くしたいし、豊胸もしたいというカミングアウトがありましたので、まずは大腿後面から採取して審査までに2回目の脂肪注入豊胸をする予定でした。

全体として、劇的に変えるということではなく、自然な変化でも山田さんの表情や自分に自信がつくなど、内面的な変化はすごく感じることができたので、担当することができ私自身もとても感謝しています。これからの人生を今まで以上に楽しんで頂けたら嬉しいです。

STAFF COMMENTS /運営スタッフよりコメント

山田さんは参加当初からとても明るい印象の女性でしたが、過去の経験や見た目のコンプレックスから人から褒められても素直に受け止められずネガティブに受け取ったり、過敏に反応してしまう様子が見受けられました。整形後も明るい山田さんではありましたが、以前に比べ自信に満ち溢れ、一層素直な女性になりました。考え方が前向きになり、企画参加当初は福岡に住んでいらっしゃいましたが、現在(2017年4月末現在)では、東京で一人暮らしを始め、新しい生活を手に入れています。第一回のシンデレラオーディションにも応募してくださいましたが落選してしまい、その悔しさをバネに再度応募して最後まで努力し続けてくださった事に感謝しています。

伊藤 奈津美さん(第2回セミファイナリスト)

  • Before

  • After(メイク前)

  • After(メイク後)

Dr.COMMENTS /担当:居川医師のコメント

【目】二重なのにはっきりしない状態でした。上下左右すべての方向に拡大し、パッチリした印象にして鼻や口ではなく目に注目が向くようにしました。上方向は、眼瞼下垂、
下方向は下眼瞼下制、横方向は、目頭切開と目尻切開です。二重なのにパッとしない状態を改善するのは、実は高度なテクニックが必要です。どこかを大胆に変化させるというより全方向に少し改善を加えることで自然に大きな瞳を作りました。

【鼻】鼻根部(目と目の間)が低く、鼻先と小鼻が強調されていました。プロテーゼで鼻根を高くし、鼻先に連なるスジを作ることでおでこから顎まで違和感なく美しいカーブを作りました。もちろん、鼻尖形成と軟骨移植で団子鼻を修正し、小鼻もフラップ法で小さく仕上げています。元々が曲がっており、それを強調しないようにしつつ鼻根は高く、鼻先は小さく見えるように仕上げました。目に顔の印象の中心が行くように、鼻の主張を弱めつつ、目立たないけど整った鼻にする(良い意味で鼻の存在感をなくす)ことが工夫した点です。

【その他】
おでことこめかみがボリューム不足でバランス上は、鼻やフェイスラインに負の影響がありましたので脂肪注入(コンデンスリッチ)をおこないました。

仕上がりとして、顔の中心にある鼻がちょっとしたバランスの悪さで非常に自己主張が強い状態になっていました。その様な鼻を改善しつつ目の印象を強める点と、おでこ・こめかみ・頬のちょっとしたボリューム感の違いからくるフェイス全体の凹凸の印象を滑らかな曲線に修正した点の、上記2点を中心に印象操作をすることで全体的にキュートなアジアンビューティーに仕上げました。

STAFF COMMENTS /運営スタッフよりコメント

伊藤さんは見た目に対するコンプレックスがとても強い方でした。自分に自信がなく、仕事で接客をするもクレームになってしまったり、見た目が可愛い妹と自分とを比較し、益々コンプレックスが強くなっていったように見えました。しかし、美容整形を行ってからは彼女の見た目の印象は一変し、以前と比べ一段と華やかなメイクとお洒落を楽しんでいるように見えます。
妹さんとの関係も以前より良くなり、妹さんから「綺麗になって羨ましい」というような言葉をかけてもらったそうです。見た目のコンプレックスが消え、仕事や私生活を思い切り楽しんでいる姿を見て、運営スタッフも嬉しく思います。